ウルトラQ 第19話 2020年の挑戦


【真面目に走ったほうがもっと速いような】

老いた肉体の代わりに、昭和41年の若い人間の体をゲットするために、バルタン星人じゃなくてアマギ隊員じゃなくてケムール人が暗躍する話。

映画『ウルトラマンZOFFY』で、ケムール人も登場したのだが、そのとき見た、パトカーに追いかけられてヒタヒタと走る姿は、妙にずっと私の脳裏にこびりついていた。

この回、後の科学特捜隊隊長・ムラマツキャップの小林昭二さんが出演。『テレビ探偵団』で小林さんが語った所によると、この時の役を

「テキパキやってた…んでしょうなあ」

と振り返り、その印象で、隊長役に選ばれたのではないか、ということだった。

(Visited 96 times, 1 visits today)