ウルトラQ 第16話 ガラモンの逆襲


【はなから自分で運転したほうが早いような】

以前ガラモンを地球に送り込んだ宇宙人が、再びガラモンで地球を襲撃しようとする話。

今回は、宇宙人の尖兵自らが地球人に化け、チルソナイト電子頭脳を盗んで行動する。

とりあえず、宇宙人の趣旨としては、今回は“ガラモンの数で勝負”ということらしい。前回の反省からそういう結論に達したすれば、この宇宙人、やっぱり地球をナメている。

どう考えても、

・ガラモン以外の破壊ロボットを送り込む
・地球人の科学力では妨害できない指令電波を発信することができる電子頭脳を改めて送り込む

少なくとも、このどちらかの条件をクリアしない限り、何回やっても失敗するような気がするんですけどねぇ。

相変わらず、電波が遮断されただけで、ガラモンは口からなんか出して死んどるし。進歩がないなあ。これじゃあ、何千体ガラモンを送り込んでも意味ないじゃん。

結局、任務に失敗した尖兵(通称セミ人間)は、宇宙船に処刑されてしまう。宇宙船はそのまま宇宙に逃げ帰るのだが、どうやら続きがもう一本あったらしい。映像化されなかったのが残念。

(Visited 85 times, 1 visits today)