仮面ライダーX 第7話 恐怖の天才人間計画!


【けっして Wind is blowing from the Aegean〜♪ とか言ってはいけません】

オープニング、なぜか第3話、4話バージョンに戻っています(脚本のテロップが出るところのXマフラーのパリッという音がない・曲のコーダの部分が一部欠落してる)。

この第7、8話が、長坂脚本最後のライダーです。

23人の小学生や中学生が飛び降り自殺するところから物語は始まります。特撮ものとはいえ、今の社会情勢だと地上波再放送は微妙な展開です。

立花コーヒーショップでは、おやじさんが大変ご機嫌ななめです。神敬介は「死んだおやじに叱られてるような気がして」と言いますが、「そんなのんきなこと言ってる場合か!!」とおやじさん。確かにその通りです。

またひとり、女の子が飛び降りようとしています。それをどこかのおっさんが止めようとしますが、そこへもじゃもじゃ頭にサングラスの男が現れます。ところでその左手のカラスは何ですか。

男は怪人イカルスの正体をあらわし、イカルスデススモークなる技でおっさんを溶かします。スゴい威力ですが、風向きを考えて吹き出さないと、自分がくらう危険性も非常に高い技です。

女の子は結局飛び降り、死んでしまいます。

そこへゴッド総司令の命令です。まずはお地蔵さんで登場。先週あたりからどうもやる気が感じられません。ゴッド総司令は、大門字博士をノイローゼと絶望のどん底に陥れてゴッドの仲間に入れろと言いますが、本当にそんな状態で仲間に入られてもあまり役に立たないような気がします。

さっき飛び降りた女の子はあや子さんという大門寺博士の娘さんでした。博士はたいそう悲しみます。

ところで、正木博士ではありません。

神敬介は大門寺博士を訪ねます。飛び降りた人は全員、博士の天才人間計画の一環として、博士が作って薬を飲んでいました。博士は飛び降りは薬の副作用ではないかと心配し、薬を飲んだ人間で生きているのはもうひとりの娘さん・冬子さんだけだといいます。

外を見ると、冬子さんが助手の瀬山になぐさめられています。さっき見たイカルスの人間体です。博士は、冬子は瀬山に好意を持っていて将来結婚するんだと言ってると、のんきです。

ところでこの部屋とっても寒そうです。ショックなのは分かりますが暖房くらい入れたらどうですか。

あや子さんのお墓に読経…じゃなくてお祈りをしているとゴッドが冬子さんを連れ去ります。神敬介と瀬山が追います。瀬山、わざとらしくゴッド戦闘員と戦います。

ひと芝居終えた瀬山がイカルスになって現れます。神敬介はXライダーに変身、イカルスデススモークをライドル風車(仮)ではねかえします。立入禁止がただの禁止になったところでいったんイカルスは退却です。

冬子さんは霧子さんが助けていました。霧子さんは、涼子さんと自分は双子の姉妹だと打ち明けます。

戦闘場所には瀬山がわざとらしく倒れていました。家で休んでいますがいつ頭なんて打ちましたか。

ところで冬子さん役の女の子、演技うまいですね。

寝ている瀬山に、ゴッド総司令が命令です。今度は七福神?ふうの人形です。なんかもう命令さえ伝わればあとはどうでもいい感じです。あと、大門寺博士がゴッドに来るのを拒否したと言ってますが、いつ誘ったのでしょうか。

イカルスは、空から爆弾で神敬介を攻撃です。

ゴッド総司令、最後は神社の中から女性マネキン人形で登場です。ここまでくるともはやギャグの域です。怪人を笑い死にさせる気なのでしょうか。

しかし総司令渾身のギャグにもイカルスはクスリともせず命令を聞きます。イカルスは神敬介を殺した気満々ですが、確認しなかったイカルスも確認させなかった総司令もかなり甘いです。今回の敗因はそこです。

博士は学ラン男たちと瀬山に囲まれます。多分大学だと思いますがなんで学ランですか。そこへ案の定生きていた神敬介が現れます。瀬山はイカルスになりますがさっさと飛び去ります。戦闘員もただの時間稼ぎでした。神敬介はイカルスが冬子さんを狙っていると悟り急ぎます。

瀬山は冬子さんに催眠術をかけていました。相変わらず寒そうです。

白い布をまとって飛び降りようとした冬子さんを霧子さんが助けますが、そこで涼子さんとはちあわせです。涼子さんは神敬介のバイクの音が聞こえたので逃げます。

神敬介は瀬山と対峙しています。そこに助けられた冬子さんがだんだん近づいて来ています。その格好でずっと走って来たようです。

神敬介は瀬山に早くイカルスになれと言います。怪人の人間体に、正体を現すように要求するのは特撮物でも非常に珍しいケースです。なかなかイカルスにならない瀬山を神敬介がぶん殴ると、さすがに人間体では勝てない瀬山はイカルスになります。神敬介もXライダーに変身です。

Xライダーは戦闘員相手に回転キックという新技を見せ、イカルスにもXキックをお見舞いです。イカルスは太陽目指し飛んでいき夕陽に散ります。

この映像、多分『勇気ひとつを友にして』のパロディだと思いますが、そもそもイカルスって何しに太陽まで行こうとしたんでしたっけ。まさか帰ってきたウルトラマンのように「エネルギーをくれー!!」って飛んでったわけでもないと思いますが。

神敬介は「改造人間はオレを最後にしたい」と言ってますが、これからも雨後のタケノコのように続々と出てくることをまだ知りません。

Xライダーが、クルーザーで電車と競争し、ちょっと勝った気分になったところで今回は終わりです。

(Visited 266 times, 1 visits today)