仮面ライダーX 第23話 キングダーク!悪魔の発明!!

オープニング、「ガマゴエモンの声/沢りつお」と出ますが、正しくは安原義人さんだと思われます。

RS装置の開発風景。これ以降しばらくの間、飽きるほど冒頭に見せられる映像です。

南原博士と助手の人、ジュースを挟んでマジな会話はしないでいただきたいものです。

あと、RS装置の設計図が完成しているかどうかより、戦闘員の棒読み具合の方がとっても気になります。

ガマゴエモンに命令するキングダークですが、相変わらずテンション低くてちょっと調子が狂います。

ちなみにゴッド悪人軍団には泥棒が三人いますが、仲はいいのでしょうか。

同級生のアホな自慢話にうんざりのリエちゃん。南原博士の娘だそうです。ゴッドに監視されています。

そのリエちゃんに、勉強しないと夏休みどこにも連れていきませんよって怒られたんだろうと話しかける神敬介。初対面でずいぶん余計なお世話です。

リエちゃんの部屋にゴッドの一味が上がり込んでいます。さっきの棒読み戦闘員でしょうか。すると負けじと神敬介も勝手に上がり込みます。

神敬介はリエちゃんを連れ去ろうとするガマゴエモンと対決。苦戦しますがいったん退けます。

ガマゴエモン、なんだかジンドグマのシャボヌルンみたいな戦法です。

神敬介は立花コーヒーシッョプにリエちゃんを連れて行きました。「ここなら安全よ」と言うチコですが、むしろここがゴッドから狙われ放題の、日本でもっとも危険な場所のような気がします。

と言ってる側から、何か飛んできました。やっぱり危険な場所です。娘を渡せというゴッドの手紙です。

そのころ、ガマゴエモンは南原博士の開発部屋にいました。設計図が完成していることはすでにバレています。ガマゴエモンは火炎で助手の右手を焼いてしまいます。「残る腕も」と言うガマゴエモン。ヨロイ元帥ですか。

しかし博士は、RS装置のミニモデルで機械やコンピュータを破壊。助手を踏み台にして逃げ出します。

南原博士、何を思ったか設計図をビリビリと破りはじめます。ゴッドに渡さないためなら、さっさと焼くなり何なりすればいいと思うのですが。科学者の執着なのでしょうか。

南原博士は、設計図を8つに分け、封筒に入れて普通にポストに投函します。さすがのゴッドもまさかポストに入れられているとは気がつかなかったのでしょうか。

あと、「これでいい、これでいいんだ」と自分で勝手に納得している南原博士ですが、後々のことを考えると全くもって良くありません。

自宅に戻る南原博士をつける白い服の男。一瞬アポロガイストかと思いました。

助手に化けたガマゴエモン。南原博士、気づくの遅過ぎます。

そこに登場するXライダーですが、ガマゴエモンはさっきのミニモデルを持っています。「こいつをくらって死ねー」というガマゴエモン。しかし不発。とってもカッコ悪い図です。南原博士が発火装置を破壊しておいたのだそうです。

じゃあ、さっきかまえたのは一体何ですか。

外でXライダーにRS装置のことを話す南原博士。こうやってまじまじとXライダーを見ると、やっぱり頭が大きいです。

Xライダーとガマゴエモンの戦いが始まりました。ガマゴエモンは木とんの術とやらで消えてみせますが、ものごっついあっさりXライダーに見つかります。

するとガマ油と火炎放射で戦いますが、火炎をライドル風車で返された挙げ句、自分の油に引火し、Xキックをくらってさようならです。だいたい油と火炎を同時に武器にする方が悪いと思います。石川五右衛門ですが、所詮はガマですか。

立花コーヒーショップで南原親子が再会したのもつかの間、サソリジェロニモのトマホークが南原博士の背中にざっくりと刺さってしまいます。やっぱり日本でもっとも危険な場所でした。ていうか神敬介、そこらへんでサソリジェロニモとすれ違いませんでしたか。

南原博士は、設計図の8枚を仲間に送ったことを告げて息を引き取ります。

もっとも、正確にはまだポストの中ですが。

残る1枚は、リエちゃんのペンダントの中でした。現時点で神敬介側に設計図が1枚です。

キングダークは、サソリジェロニモに神敬介が持つ1枚目の設計図を奪えと命令しますが、投函したポストか集配の郵便局を狙えば、1枚どころか8枚もいっぺんに設計図が手に入ったのにと思いながらこの回は終わりです。

仮面ライダーX Vol.2

(Visited 274 times, 1 visits today)