仮面ライダーX 第19話 ゆうれい館で死人が呼ぶ!!


【けっしてワイングラスでトマトジュースを飲んではいけません】

今回登場する女の人、八代順子さんです。特撮ファンには、イナズマンF『レッドクイン 暗殺のバラード』でなじみのある顔です。しかも神敬介役の速水氏とは『ガメラ対大魔獣ジャイガー』で共演しています。

ちなみにその時、速水氏の芸名は「炎三四郎」といいます。エラい名前です。

男と八代さんが、嵐の中怪しげな洋館に入ります。てかこんなところで何してたんでしょうか。

薄気味悪い家に入ると、怪しげな人が出てきて、ゆうれい怪人オカルトスになります。ただ正直、人間体の方が100倍恐いです。

オカルトスは男と八代さんを殺します。八代さん、声と表情がセクシー過ぎて反則です。

ゴッド総司令、2週間のご無沙汰です。

朝、神敬介は何気に転がってるガイコツを発見します。若い男女と言ってますが、服装で判断したのでしょうか。骨を見て分かったのならこの人ただ者ではありません。

おやじさんとチコマコもいました。「霧ではぐれちまったんだわ」とマコ。微妙に言葉遣いが変です。

3人は洋館を見つけて入ります。すると背後から死んだはずの二人が現れます。思いっきり顔色悪いので、もう少し早く異常に気がついてもらいたいものです。

目の前の二人が行方不明の二人だとやっと気づく三人組。それはいいのですが、そんなプラベートな写真どこで手に入れたのでしょうか。あと写真撮った人、ヘッドルーム(頭の上の空白)空けすぎです。上にニュース速報でも出る勢いな空き具合です。

二人が消えるとオカルトスが出てきます。神敬介も出ます。対決が始まりますが、この音楽、長回しにはあまり向いていないので違う曲を使った方が良いように思います。

オカルトスは、超能力で神敬介の動きを封じます。神敬介を消す絶好のチャンスですが、オカルトスは貴様の相手をしているヒマはないと、帰ってしまいます。甘いヤツです。しょせん幽霊ですか。

やがて家は消えます。その様子をモニターで見ているアポロガイスト。ワイングラスを持っていますが、流れた跡がハッキリ分かるので、ワインではなくてトマトジュースでしょうか。それとも高級ワインはこうなのでしょうか。よくわかりません。

トイレに行く小学生の女の子3人。ところでそこ男子トイレじゃないですか。あと、3人目の女の子、反則的にセクシーですが本当に小学生でしょうか。

二人組の幽霊が人々を脅かしているところに出くわしたガードマンが、オカルトスに殺されます。神敬介は守ることができずに落ち込みます。

ガードマンの葬式に、おやじさんとチコマコが出席します。チコ、葬式だってのになんですかその反則的なスカートは。全くもってうれしいけしからんです。

葬儀のさなか、棺桶から死んだはずのガードマンがムクッと起き上がり、奥さんは卒倒です。すると坊さんがオカルトスになります。「ゆうれい怪人、オカルトス!!」 今さら名乗らなくても分かります。

「今日こそ貴様を食い殺してやる!!」とオカルトス。

おやじさんでよければどうぞ。

そこへ神敬介が現れます。ガードマン幽霊までも戦いに参加です。あと、和服のマコがとっても走りにくそうです。やっぱりスカートは短いのに限ります。

Xライダーとオカルトスの戦いが、アポロン宮殿での名場面を織りまぜながら展開します。Xライダーはオカルトスの超能力をライドルで跳ね返し、Xキックで葬り去りました。

まあ、もともと幽霊ですが。

遅かったかと言うアポロガイスト。先週のようにここから戦ってもいいと思いますが、番組的にそれは無しのようです。

あと、よみがえったガードマンがこの後どうなったか気になりながらこの回は終わりです。

(Visited 253 times, 1 visits today)