快傑ライオン丸 第8話 分身魔王デボノバと怪人イワゲバ


獅子変化タイム1ミリ秒だったらなあ

■この回から、サブタイトルの読みが子供の唱和からナレーターさんに変わりました。この方が今までより100倍落ちついて聞けます。

■いわゆる大幹部の分身魔王デボノバ、催眠術をかけないと部下を従わせられないとは、相当人望の無い奴です。

■ものの見事に美人のいない村です。

■沙織さんが身代わりになると聞いて、大喜びする村の連中。普通、村の人間以外のものを巻き込むわけにはいかないとか、ウソでもそういうことを言うもんなんですけどねえ。こんな村、別に全滅してもいいような気がします。

■「おーい、ゴースーン、早く出てこーい!!」と小助。

望み通り出てきましたが何か。

■沙織さん、膝のあたりにリアルで傷がありました。

■変身中を狙われたライオン丸ですが、次回予告にあった、ジャンプしながら少しずつ変身していくという映像は、本編にはありませんでした。

■沙織さんにちょっかいを出そうとしていたイワゲバに、「そんな奴はほっておけ」とデボノバ。

これがほっておけますか。

■そういえば、今気がつきましたが、

デボノバ、動きが完全に宇宙猿人ゴリです。

■フィルム逆回しで坂を上ってくるドクロ忍者、恐過ぎ。

■変身できない獅子丸、いきなりお師匠さまを頼るのもどうかと思います。まあ、呼ばれてノコノコ出てくるお師匠さまもお師匠さまですが。

■「立て、獅子丸!!」とお師匠さま。まあ立ってはいるんですけどね。ただ腕が動きにくいので変身できないだけですから。

■つまるところ、打開策は根性のようです。

■「あの娘を目の前で処刑してやる」とデボノバ。見れば見るほど、帰って来た宇宙猿人ゴリです。

■捕えられた沙織さん。そのままずっと眺めていたいです。

■イワゲバ、岩のくせに鉄砲をくらいました。

■イワゲバ、目を衝かれただけで爆発しました。ゴースン魔人のくせに骨の無い奴です。まあ岩ですけど。

■沙織さん、やっぱりそのままずっと眺めていたいです。

■「沙織姉ちゃん、本当に恐くなかった?」と小助に聞かれ、「全然恐くなかったわ」と言う沙織さん。

ウソをつけウソを。

(Visited 211 times, 1 visits today)