ウルトラマン 第2話 侵略者を撃て


【和平交渉するなら武器は隠すべきでは】

オープニング、歌が第2話にして早々に第1話とは違うバージョン(便宜上タイプB)になります。明らかにタイプAと違う点は、子供の声がタイプAよりガキっぽいのと、「きーたぞーわっれらーのの部分が「きーたぞーわれらーの」と唄っている点です。

事件のない科学特捜隊の基地。右目の回りにアザができているイデ隊員が、市民からの問い合わせに答えています。どうやら最近、隕石騒ぎがあったようです。しかし、その隕石はただの軽石だったとのこと。

隕石と軽石を間違えるスカタンはどこのどいつですか。

アザについて、視聴者に向かって「そんなに目立ちます?ウヒヒヒヒ」と嬉しそうにしているイデ隊員。イデ隊員は、テレビを見ている君だけに話してあげよう、友達にはナイショだぜ、と言います。

すんません全国ネットなんですが。

「話は今から38時間前、つまり真夜中に始まるんだ」とイデ隊員。確かに、後ろに映っている時計から換算すると(それが午後だとして)真夜中になりますが、どれだけの視聴者が後ろの時計なんて気にしているかは謎です。

ナレーションで「平和な夜だった」とありますが、前作が前作なだけに、石坂浩二さんか読むと、とっても緊張感があります。

この平和な夜に、イデ隊員だけが眠れず、羊を12516匹まで数えているようです。そんなとき、緊急招集の合図があります。ところで全員その恥ずかしい制服で寝てますか。

司令室には、ムラマツ隊長とフジ隊員も着ていました。フジ隊員も制服で寝ているのでしょうか。後にネグリジェで登場しますが。

どうやら、東京上空に強力な電波を発する物体が飛来したようです。ハヤタ隊員から報告があり、北緯35度43分、東経139度38分の方角に現れたそうで、詳しい位置を電子計算機が調べているそうです。

それだけデータが揃っていれば、電子計算機なんて用がないのでは。

どうやら、物体は科学センターのある山に飛来した模様です。直ちに現場に向かう科特隊ですが、アラシ隊員がムラマツ隊長に呼ばれます。「君は優秀な科学特捜隊員だ」と隊長。それに対し「は、僕もそう思います」と言うアラシ隊員。あまり自分でそういうことを言うと、後悔することになりますよ。

ムラマツ隊長に促されて足下を見るアラシ隊員。すると、スリッパを履いています。

だからいわんこっちゃない。

それを見ていい気味だとばかりに「冷静に、冷静にだよウヒヒヒヒヒ」とイデ隊員。しかしイデ隊員は、アラシ隊員に足を踏まれます。一応丈夫なブーツのはずですが、スリッパのアラシ隊員に負けるとはなんたることでしょう。全体重をかけていたのでしょうアラシ隊員。

アラシ隊員は、車に忍びこんでいたホシノくんに手放し運転を戒められながら、科学センターに着きます。ところで学校はいいのですかホシノくん。

アラシ隊員は、ホシノくんに本部との連絡をまかせて科学センターに入っていきます。

大事な機械をこんなガキに触らせて問題ないのでしょうか。

科学センターに入るアラシ隊員。すると電話が鳴りますが、その側には有り得ない体勢で守衛さんが固まっています。電話を取ろうとして固められたのでしょうか。少しくらい驚いたり抵抗したりすると思いますが。

さらに進んでいくアラシ隊員。すると、背後にバルタン星人が現れます。しかし、それを気を取られているうちに今度は正面に別のバルタン星人が現れます。アラシ隊員は、阿波踊りのような格好でバルタン星人に固められます。

一体に戻るバルタン星人。おなじみの笑い声です。

ハヤタ隊員が科学センターに到着します。30秒ごとにフジ隊員に呼び出されてウンザリのホシノくんは、ハヤタ隊員が科学センターに向かうのを「あと20メートル、19メートル、18メートル」と、とっても懇切丁寧に報告しますが、「りょーかいりょーかい、報告は簡単明瞭に。競馬の中継じゃないんだから」と、フジ隊員には不評です。

それはいいのですがフジ隊員、先週の隊長に対する応対と、ホシノくんに対する応対が全く同じというのはどういうことでしょうか。

科学センターの中では相変わらず守衛さんが固まってますが、若干フラついています。きっと心の中では「監督さっさとカットかけやがれ」と思っていたに違いありません。

ハヤタ隊員と一緒に中に入った防衛隊員は、リズミカルに足を上げた状態や、取ってつけたように驚いた状態でバルタン星人に固められます。

ハヤタ隊員は、相変わらず阿波踊りの途中みたいなアラシ隊員を発見します。バルタン星人が現れますが、なんとも捕えようがありません。ハヤタ隊員はいったん退却します。

防衛会議で対策が練られます。幹部のひとりは、宇宙船の場所さえ分かれば、直ちに核ミサイル「はげたか」を撃ち込むと言います。この世界の日本では、核兵器の開発が認められているのでしょう。ただ、ミサイルに「はげたか」と名付けるネーミングセンスには問題があります。

結局、宇宙人と話し合うということなり、イデ隊員がその役に抜擢されます。イデ隊員は「キエテ、ホシ、キレキレテ」と言います。「僕、君、トモダチ」という意味だそうです。

まさか、この後40年も経って、再びウルトラシリーズでこの言葉が出て来るとは思いませんでしたが。

イデ隊員は、宇宙語に関してはかなりのキ●ガイなのだそうです。ファミ劇ではそのまま放送されていましたが、私の記憶が確かならば、1990年に長崎放送(NBC)で再放送されたときも、確かこの部分はカットされずにそのまま放送されていました。文脈的にOKという判断だったのでしょうか。

科学センターに向かうコチンコチンのイデ隊員。何度もハヤタの元へ戻っていろいろ確認しています。「話がこじれたら頼みますよ」と言うイデ隊員に、「こじれるほど通じりゃたいしたもんだ」とハヤタ隊員。

確かにその通りです。

中に入るイデ隊員。「男の子だ、がんばろう」と言ったり、鏡に映った自分を見てビビったりしています。

また固まった守衛さんが出てきます。やっぱり心の中では「どうでもいいから監督さっさとカットかけやがれ」と思っているに違いありません。

そしてイデ隊員の前にバルタン星人が現れますが、2体どころか目にも止まらぬ分身の術を見せます。それを見て「ホ、ホボ、ホボ」とテンパっているイデ隊員を、バルタン星人は屋上に連れて行きます。

屋上に来たバルタン星人とイデ隊員。しかしバルタン星人は消えます。すると、アラシ隊員が現れます。アラシ隊員は「君の宇宙語はわかりにくい」と言います。バルタン星人はアラシ隊員の体を借りて、日本語を使ってくれるようです。

ただ、「わかりにくい」ということは、一応通じたということになるので、多少なりともイデ隊員は自信を持っても良いように思います。

そこにハヤタ隊員が現れ、バルタン星人は自分のことを話しはじめます。どうやらバルタン星は爆発し、宇宙旅行中だった宇宙船のバルタン星人は、帰る星が無くなった模様。そして宇宙を旅して目についた地球に目をつけたようです。

それを聞いてハヤタ隊員は「私の友人や防衛隊の人々の生命を奪ったのは」と言います。もしかして、バルタン星人に乗り移られたことでアラシは生きかえったのでしょうか。

我々は地球に住むことにするというバルタン星人に対し、「いいでしょう」と言うハヤタ隊員。

そんなこと、アナタの一存で決めないでください。

ハヤタ隊員は、「君たちが地球の風俗習慣になじみ、地球の法律を守るならばそれも不可能なことではない」と言います。

もし、バルタン星人が地球に住んだら、銭湯で湯船につかっているバルタン星人や、自転車でスーパーに買い物に来て、「レジ袋お使いになりますか?」「いえ結構です」と言うバルタン星人をあちこちで見るようになるのでしょうか。

しかし、バルタン星人は20億3千万人いるそうです。これが全部、宇宙船の中にミクロ化しているのだそうです。さっきナレーションで宇宙旅行中と言ってましたが、20億3千万人ミクロ化宇宙旅行って、一体どんな旅行ですか。

バルタン星人は、自分たちの弱点には触れないまま、アラシ隊員の体から離れます。すると巨大化するバルタン星人。ハヤタ隊員はバルタン星人に吹っ飛ばされ、有り得ない体勢で有り得ない場所にベータカプセルを落とします。

防衛隊はバルタン星人に対し、核ミサイルはげたかを軽く2、3発放ちますが、全く効きません。バルタン星人はジャンプして街を破壊に出ます。

倒れたハヤタ隊員は、横着してベータカプセルを取ろうとしますが、見事に落っことします。仕方なく垂直落下しながらベータカプセルをつかむハヤタ隊員。まあ自業自得なので仕方ありません。

ウルトラマン登場。バルタン星人との空中追っかけっこが始まります。

ウルトラマンはバルタン星人を捕え、腕を吹っ飛ばします。しかしバルタン星人は反撃。しかも、ウルトラマンが燃料タンクの上を飛んだため、そのウルトラマンを狙った砲撃がタンクを直撃し、大爆発。全くもって迷惑なM78星雲の宇宙人です。

ウルトラマンはスペシウム光線でバルタン星人を撃破。宇宙船も発見し、どっかへ持っていきます。

科特隊基地では、それをテレビ観戦していたフジ隊員とホシノくんが握手していますが、その横に立っているムラマツ隊長が「フジくん、ワシとは握手してくれんのかね」と言いたそうです。

その後、遠くで爆発が起こり、何だか重めの音楽が流れます。おそらくバルタン星人の宇宙船が破壊されたのでしょうが、何の罪も無い20億3千万人のバルタン星人が命を落としたことを表現する、シュールな演出だったのでしょうか。

そして冒頭の科特隊基地になりますが、あれから20分ばかり経っています。今日は相当に暇なようです。

ラスト、イデ隊員がアザを作ったオチが公開されますが、そんなことより核ミサイルはげたかが発射されたことにより、周辺の放射能汚染がどうなっているのか気になりながら今回は終わりです。

(Visited 313 times, 1 visits today)