仮面ライダーV3 第47話 待ち伏せ!デストロン首領!!

【椅子は大切に】

デストロン基地では、結城丈二のそっくりさんを作るために手術中です。ものごっつい血出てますけど大丈夫ですか。

出来上がった結城丈二のそっくりさんにライダーマンマスクをつければ、デーストロンライダーマンの完成です。

今回のデストロンの作戦は「東京都皆殺し作戦」だそうです。もはや何のツッコミも許さない完璧な作戦名です。

立花スポーツ店には年賀状が届いてました。本来隠れ蓑だったはずですが、ここが少年ライダー隊本部だと言うことは公然と知れ渡ってるようです。全部V3宛だそうですが、すこしくらいおやじさんに来てませんか。

ところで私が純子さんに出した年賀状はありませんか。

年賀状に、結城丈二への年賀状がありました。差出人はヨロイ元帥です。

ーーー文面ここからーーー
結城丈二
新年おめでとう。今年こそ裏切り者は殺す。
デストロンを代表して。

ヨロイ元帥

ーーー文面終わりーーー

デストロンマークのイモ判まで押してあります。ていうか、そのスタンプちょっと欲しいです。あと、デストロンが年賀はがき買いに行ったりポストに投函した姿を想像するとなかなか愉快です。

なんと、ご丁寧に住所まで書いてありました。横浜市北区山下町だそうです。確かこれ『トリビアの泉』で取り上げられたことのあるネタです。

書かれていた住所の家へ着いた風見志郎と結城丈二。するとそこへ、本当にヨロイ元帥を乗せた車が入っていきました。

問題の家に、まずは風見志郎が潜入します。するとヨロイ元帥からデーストロンの正月パーティーへのお誘いです。風見志郎はお誘いを受けることにします。お客さんが4人いましたが全員覆面です。

次に結城丈二も潜入です。結城に対してまたもヨロイ元帥。今度は「ひとりでは恐ろしくて入って来れんのか。貴様は裏切り者、そしてその上、腰抜けだ」と挑発されます。結城丈二はいきなりライダーマンに変身です。

デーストロンの正月パーティー会場では、風見志郎が変な踊りを見物中です。するとデストロンからお年玉です。お年玉は怪人シーラカンスキッドでした。あんまりありがたくないお年玉です。

風見志郎はV3に変身して戦います。戦闘中、倒された戦闘員にシーラカンスキッドが持ち出した椅子が落ちて当たってました。痛そうですが中の人大丈夫でしたか。

家の中では、ライダーマンとヨロイ元帥がご対面です。ライダーマンはヨロイ元帥を倒そうとしますが逆に捕えられてしまいます。

一方、シーラカンスキッドと戦っていたV3ですが、家の中に逃げ込むシーラカンスキッドを追っていると、廊下でノビているライダーマンを発見、追うのをやめてライダーマンを助けます。もちろん本物ではありません。デーストロンライダーマンです。V3はそのニセモノを連れて行きます。

バイクを走らせる風見志郎とニセ結城丈二。するとニセモノが「あ!あの崖にデストロンが」と言って風見志郎とともに崖に登ります。

崖で風見志郎を捕えたニセモノは、絶壁から思いっきり風見志郎を投げます。

にしても風見志郎、落ちた後の変なカッコは何でしょうか。

捕えられた本物のライダーマンに、デストロン首領から声がかかります。首領は、自分が立会人になるからヨロイ元帥と仲直りしてデストロンに戻れと言います。

小学生のケンカですか。

ついでに首領は、今日代々木体育館に来ることも喋ります。

少年ライダー隊本部にニセ結城丈二がやって来ました。ところでおやじさん、いつまで年賀状見てますか。

ニセ結城丈二は、風見志郎が地獄で待ってると言って、何かのガスでおやじさんたちを眠らせ、時限爆弾で本部を爆破しようとします。

これなら、わざわざニセモノをよこさなくても良かったような気がします。

そこへ不死身の風見志郎がやって来ます。結城丈二はシゲルをたてにとりますが、シゲルの噛みつき攻撃にあえなく撃沈、逃げます。

爆弾は、風見志郎がニセ結城丈二を追いかける途中で爆発させました。ニセ結城丈二は第2作戦に切り換えると連絡を取ります。

さっきの家からヨロイ元帥と本物のライダーマンが出て来ます。そこへニセ結城丈二が帰ってきますが、すでにV3にニセモノであることを読まれていました。

V3と自由になった本物のライダーマンはニセ結城丈二を追いつめます。ニセモノの正体はシーラカンスキッドでした。さっきシーラカンスキッドとニセライダーマンが同時にいたように見えましたが目の錯覚でしたか。

シーラカンスキッドは、V3の必殺きりもみキックであっさり倒されます。

V3とライダーマンはさっきの家に戻りますがヨロイ元帥はもういません。ヨロイ元帥は首領が現れるという代々木に向かったと読んで、二人もそこへ行くことにします。V3は首領を倒す気満々ですが、ライダーマンには首領を討つことへまだ少しためらいがあるようです。

V3とライダーマンがそれぞれ愛車で代々木へ向かいます。そのカッコで公道を走ると大変に目立ちますが大丈夫でしょうか。

代々木体育館に、ヨロイ元帥と前後して二人のライダーも到着しました。戦闘員の見張りがいますが、V3は「戦闘員と戦えば首領は警戒して姿を見せない」と言います。

変身している時点で十分警戒されると思います。

その時、ライダーマンがさっきのお返しとばかりに行動です。ライダーマンはデストロンライダーマンのフリをして見張りの戦闘員に近づき、あっさりこれを撃破です。見張りヘボ過ぎです。

体育館内に潜入したV3ライダーマン。通風口の真下に首領らしき人物の登場です。

二人して通風口から下を覗きこむ仮面ライダーのショットがなんだかとっても可愛らしいなと思いながらこの回は終わりです。

(Visited 601 times, 1 visits today)