仮面ライダーV3 第32話 鬼火沼の怪 ライダー隊全滅!?

野菜は大切に

夜、太鼓の音で伊藤さんが眼を覚まします。「鬼火沼が光る時、恐ろしいたたりがあると聞いているが」と、沼を見に行く伊藤さん。それはいいのですが、常に懐中電灯を枕元において就寝しているのでしょうか伊藤さん。

伊藤さんが沼をのぞくと、怪人オニビセイウチが現れました。伊藤さんはオニビセイウチにデストロン基地へ連れて行かれます。

キバ男爵、前回に続いてタキシードを着てますが、手袋とブーツはそのままです。おまけに、ズボンの裾をブーツの中に入れています。

ドラゴンボールでしょうか。

キバ男爵は伊藤さんの血をガイコツに注ぎ、その血をオニビセイウチが飲みます。女の血しか吸わない怪人もいますが、こいつはオッサンの血でもOKのようです。

血を飲んだガイコツを後方に投げ捨てるオニビセイウチ。まるでスイカでも落ちたような音がしました。随分軽いガイコツです。オニビセイウチは伊藤さんに化けます。

少年ライダー隊は伊藤さんのところでキャンプだそうです。「オーイ!!」と車の窓から身を乗り出して、大変マナーの悪い奴らですが、いったいどこに向かって手を振っているのでしょうかこいつら。

宿舎に到着したライダー隊。「珠純子です」と純子さんが言った後、他の連中が自己紹介しはじめます。ええいガキ共はどうでもいいんだガキ共は。

「風見さんやケンさん、どうして来ないのかな」とシゲルくん。そりゃあガキ共の面倒を見るのが面倒だからですよ。

そのころ、純子さんが何やら変な人影を見たようです。東京から追いかけてきたストーカーでしょうか。その調査をするライダー隊。「行動開始!」とシゲルくんですが、メンバーの何人かは「チェッ、こいついつの間にかリーダー気取りだよ」と思っているに違いありません。

本部にいる風見志郎と佐久間ケン。ふたりは外の不審な車に気がつきます。「あのインターポール野郎!!(棒読み)」と戦闘員が何かを投げようとすると、それを風見志郎が捕まえます。ていうか、もう少し目立たないように見張ったらどうでしょうかデストロン。

デストロンの目的を知った風見志郎は、別にその必要もないのに階段横の坂をバイクで登っていきます。それってけっこう迷惑じゃないでしょうか。あと宮内洋、相変わらず何でも自分でやる人です。

「また居残りかよ」と佐久間ケン。どうせアナタはいても役に立たないのでその方が良いです。

風見志郎が現場に向かっていることを知り、作戦変更するキバ男爵。ところでいつまでタキシード着てますか。

忘れ物を取りに宿舎へ戻った純子さん。すると、ちょうど作戦変更の連絡をオニビセイウチ@伊藤さんが聞いています。なぜかドアが開いて鏡を見る純子さん。そこにはオニビセイウチの姿が。

相変わらず鏡で正体がバレる程度の変身術です。ライダー隊には、手鏡を常備させた方がいいように思います。

怪人を見て「逃げてください!!」と純子さん。しかし怪人はいません。確かに鏡に怪人が映ったと、伊藤さんの手を引いて鏡を見る純子さん。そこに映ったのは伊藤さんではなくオニビセイウチです。

実際の状況はアレですが、画面を見ると「ねーねー次はあれに乗ろー♪」と、純子さんとオニビセイウチのラブラブデートのように見えなくもありません。

伊藤さんはオニビセイウチに変身。捕まった純子さんは「会長〜!!」と言ってますが、ここで言っても絶対聞こえません。ていうか、このシチュエーションで風見志郎ではなくおやじさんの名を呼ぶとは、かなり意味深です。

純子さんを抱えるオニビセイウチの前にV3が現れます。オニビセイウチ、若干気を使いながら純子さんを下ろしています。

V3とオニビセイウチ、純子さんを道にほったらかしで戦闘開始です。まあ、あまり人の通らなさそうな場所なので良いですが。

沼では、おやじさんが第1回ライダー隊キャンプを開くことにすると言ってます。ウォーターガントドの時のはキャンプと認めてないのでしょうか。

すると、キャンプファイヤーから人魂が出てきます。火にはしばらく事欠かないので、人魂作り放題です。

「怖がるんじゃない!おまえたちは少年ライダー隊だ!!」とおやじさんですが、そう言う本人が先陣を切って及び腰です。

現れるオニビセイウチ。しかしV3もハリケーンでやってきます。V3とオニビセイウチは、共に沼に転がり、ものごっつい謎の大爆発です。

宿舎に戻った隊員たちは、ドアが開かないようにしています。誰か来て「ライダーV3だ」と隊員。

貴様ら下っ端隊員の前に、V3が自ら姿を見せるわけがないでしょう。

するとニセ伊藤さんでした。ニセ伊藤さん、どんだけ食料を調達に行くのでしょう。

ニセ伊藤さんは純子さんを消そうとしますが、さっそうとガラスを突き破って風見志郎登場。逃げるニセ伊藤さん。「キバ一族の太鼓よ響け、呪いの鬼火よ舞い回れ!!」とノリノリですが、そんなことよりワキの下の汗がとっても気になります。

風見志郎はV3に変身。『V3アクション』の“じーごくへー おーいかえせー♪”の部分から入る選曲がたまらなくシブいです。

V3はV3フル回転キックをオニビセイウチにお見舞いしますが、オニビセイウチは爆発せずに基地へ逃げ帰ります。

オニビセイウチは基地で息を引き取ったようです。キバ男爵、ようやく着替えました。

基地を放棄したキバ男爵。V3は本物の伊藤さんと脱出ですが、山が2、3個吹っ飛ぶような大爆発が起こりました。

ラスト、無事にキャンプを終えたライダー隊は、またもや一体どこに手を振っているのかさっぱりわかりませんが、それにもまして、さっき割ったガラス代を、風見志郎がちゃんと弁償するのか気になりながら今回は終わりです。

次週はついにダブルライダーの登場。リアルタイムでこんな予告を見せられたら、興奮して夜も眠れません。

仮面ライダーV3 BOX
TVシリーズ全話収録のDVD-BOX。

レンタル版 仮面ライダーV3 Vol.6
第32話「鬼火沼の怪 ライダー隊全滅!?」を含む
TVシリーズ第31〜36話までを収録。
.

(Visited 293 times, 1 visits today)