仮面ライダーV3 第15話 ライダーV3 死の弱点!!


取引材料は大切に

おやじさんたちもデストロンもV3を探しています。おやじさんたちは、戦闘員の目をV3からそらすために、わざと目立って戦闘員をひきつけます。まんまと釣られる戦闘員。そんな雑魚を相手にしている場合ではないと思いますが。

それとは別に、バーナーコウモリの人間体の中田博久さんもV3を探しています。そこへ遭遇するタマミさん。食料の買い出しでしょうか。

タマミさんは風見志郎を発見します。その上をおやじさんとシゲルくんが通りますが、タマミさんはさっきのバーナーコウモリ人間体の仲間と思ったようです。子供連れですが。

風見志郎の夢の中に純子さんが出てきますが、この回の純子さんの出番はこれだけです。ちなみに前回とあわせても、この前後編で純子さんの出番は3シーンだけでした。

風見志郎が目を覚ますと、どう見てもヅラに付け髭の男とタマミさんがいます。あと風見志郎、いつの間にか下の服が変わってます。

風見志郎はタマミさんたちに地下室にかくまわれますが、風見志郎はそこでデストロンマーク入りの箱を発見します。

ヅラの付け髭の男は岡島博士でした。岡島博士はデストロンからダブルライダーによって助け出されたそうです。ダブルライダー、生きているんならやっぱり直接欠点とやらを教えてくれれば良いように思います。

しかし、山小屋の回りをデストロンが囲みます。風見志郎がそーっと出て行くと、戦闘員の急襲。良い選曲です。

あとバーナーコウモリ、あんな穴あきまくりの羽根でちゃんと飛べるのでしょうか。

風見志郎はV3に変身。バーナーコウモリと互角に戦います。「ガマボイラーの力も長い時間もたなかったのか」とバーナーコウモリ。ガマボイラーの力を当てにしているようでは、この怪人もたいしたことはありません。

ダブルライダーは、風見志郎に秘密を伝えるよう、岡島博士に博士に頼んでいたようですが、デストロンに追われる岡島博士は、それをデストロンとの取引に使うつもりだったようです。ダブルライダー、とんだ奴に秘密を預けちゃいました。

てか、生きてるんだったらやっぱり直接(略)。

おやじさんたちを探すタマミさんの前にバーナーコウモリが現れます。バーナーコウモリ、いちいちさかさにぶら下がるのは良いですが、木など全くない大荒野で戦う場合は一体どうするつもりなのでしょうか。

バーナーコウモリは岡島博士の猟銃で腕を撃たれ、あっさりと引き下がります。やっぱりたいしたことはありません。

風見志郎と岡島博士は、秘密の隠し場所に到着します。中身を見るには、どうやら地図の暗号が必要だったようですが、風見志郎は覚えていたようです。燃やしたことが仇にならなくて良かったです。

中に入っていたのはカセットテーブとイヤホンです。電源は乾電池でしょうか。まあ電源がなくなっていても、中身を抜いて別の場所で聞けばいいわけで、この場所で聞けるようにした気遣いが、むしろ危険な気もします。

あと、こんなものどこで吹き込んだのでしょうダブルライダー。

テープを聴く風見志郎。V3の4つの弱点について順番に語られているようですが、前3つの内容にはあまり反応せず、最後の弱点にだけ大いに驚きます。前3つは大したことがなかったのでしょうか。

ところで、聴いたテープは自動的に消滅するようにでも作られていたのでしょうか。

風見志郎と岡島博士が出ようとすると、岩が崩れ、岡島博士は閉じ込められます。

風見志郎はV3に変身、バーナーコウモリと戦います。閉じ込められた岡島博士は「かざみー」と呼び捨て。ずいぶん調子のいい人です。

バーナーコウモリは、さっき銃で撃たれた箇所が痛むようです。V3はバーナーコウモリごと逆ダブルタイフーンで岩を砕き、岡島博士を助けました。

ラスト、「残る3つの弱点とは何か?ガンバレ!それも乗り切れ!」とナレーションが入りますが、3つの弱点は乗り切るどころか明かされることもないまま番組は終わるのにな、と思いながら今回は終わりです。

あと、小屋の地下にあった箱の中身は何だったのかも気になるところです。

(Visited 500 times, 1 visits today)