仮面ライダー 第97話 本郷猛 変身不可能!!

できれば映写機の巻戻しを安易に要求しないでいただきたい

◆     ◆     ◆

「とっても楽しかったわ」とドライブ帰りのバカップル。まあこいつらは別にどうなってもいいわけですが。

にせの行き止まりで罠に誘い込まれたカップル。「何か変よ」と言いながら、逃げずに変な声がした方へ向かっていきます。さすがはバカップル。

すると、ヒルカメレオンが現れます。ヒルカメレオンは、ゲルショッカーの怪人をよみがえらせるためだと言って男の血を吸います。まあ別にどってことはないです。

少年ライダー隊隊員の前に、女が現れます。「大丈夫ですか」と隊員ですが、自転車は大丈夫じゃないようです。

女の人はゲルショッカーが出たと言います。それはいいですが、子供に助けを求める時点でかなりアウトのような気もします。

ライダー隊は「ゲルショッカー発見」と本部に知らせます。正しくは“ゲルショッカーを見たと言っている女発見”です。情報は正確に。まあいいですけど。

ゲルショッカー基地では、ヒルカメレオンの吸った血でガニコウモルが生きかえりました。ただそれよりも、背後にいるサボテンバットの方がとっても気になります。てかサボテンバットって、松田博士そのものなので、別に死んだわけではないと思いますが。それとも松田博士ではない別タイプでしょうか。

ライダー隊が知らせた場所へ行く本郷猛と滝和也。今回滝和也もライダー隊仕様の服になっています。

ロープウェイのゴンドラに曲乗りする本郷猛と滝和也。アブゴメスのときを思えば、このくらいは屁みたいな高さでしょうか。

本郷猛と滝和也は、ゲルショッカーの戦闘員に化けます。ただこの場合、前にかぶってた人と関節キッス状態になりますがそれでもよろしかったでしょうか。

あと冬服の上からその服着たらパッツンパッツンなのでは。

化けた二人、「ギィ」がなかなかサマになってます。まあ誉められても嬉しくないでしょうけど。

まんまと基地に潜入した本郷猛ですが、「本郷猛のオートバイが」という熱演空しく、ブラック将軍と思った人物はガニコウモルでした。

ガニコウモルは本郷猛に、仮面ライダーに変身しろと要求します。なんだか、アトランティス戦でキン肉マンにキン肉バスターをフィニィシュホールドに要求したバッファローマンみたいです。

罠とも知らずまんまと誘いに乗った本郷猛は仮面ライダーに変身。あっさりガニコウモルを倒します。激弱です。あの頃の強さは一体どこへ行ったのでしょうガニコウモル。

しかし勝利にも何か腑に落ちない仮面ライダー。ライダー隊の報告では怪人はヒルカメレオンと名乗ったというのに、出てきた怪人はガニコウモルだったからです。

ということは、あの状況でバカップルの女の方は、怪人の名前とゲルショッカーという名称をちゃんと覚えていたということになります。あなどれません。

そのころ、本郷猛の変身をフィルムに収めたヒルカメレオンは、変身にかかる時間が0.5秒だということをつきとめ、そのための装置を作らせます。明日一日で完成させるのだと言うヒルカメレオン。無理難題は悪の指揮官の特権です。

同時刻、ゲルショッカーの基地から囚人が脱走していました。その一人に化けるヒルカメレオン。わざとらしく本郷猛の部屋に侵入し、脱走者を出せと言います。

「せっかくだが俺のところにはおらん!!」と本郷猛。ヒルカメレオンはさっさと逃げますが、その前に仮面ライダーが現れます。「この野郎!!」とヒルカメレオン。これが実はブラック将軍かと思うと何だか泣けてきます。

ヒルカメレオンは脱走者に化け、本郷猛と滝和也を信用させます。いよいよ決戦と本部を出る本郷猛と滝和也。「本郷さん、がんばってね」とユリ姉ちゃん。

滝和也はがんばらなくてもいいですか。

しかし、本郷たちが出て行ったあと、本部に首領から通信が入ります。大幹部が不在、もしくは動きがとれない場合は首領の出番が多くなるのがこのシリーズの常です。

もうすでに、本部の天井には大量のヒルがいました。ずいぶん準備のいいことです。

本郷猛が基地に乗り込むと、ライダー隊の全員が捕まっていました。仮面ライダーに変身しようとポーズをとる本郷猛。しかしベルトを凍らされ、変身できないまま固まってしまいます。

というわけで、私のユリ姉ちゃんのセクシーな表情で今回は終わりです。

DVD 仮面ライダー VOL.16
第97話 「本郷猛 変身不可能!!」を含む
新1号ライダー編第92〜98話を収録。
.

(Visited 95 times, 1 visits today)