仮面ライダー 第83話 怪人イノカブトン 発狂ガスでライダーを倒せ


【できれば円形手術台を使っていただきたい】

刑務所から死刑囚が連れてこられて、怪人イノカブトンに改造されます。ゲルショッカーの手術台、普通過ぎて何だか面白くないです。以前の円形手術台の方が良かったです。

まあ、著しく手術はしにくいと思いますが。

この男は、ゲルショッカーにとって最も理想的な男なのだそうです。確かにこれなら脳改造の手間は省けそうですし。

ただブラック将軍、仮面ライダーの強力なライバルを作ると言ってますが、どうせなら一発必中の怪人にしませんか。なんだか言うことがのんきです。

動物園の職員に、イノカブトンが黄色い粉を吹きかけます。かけられた右の人、なんだかとってもやる気満々です。

職員が黄色い粉を吹いていたと聞いて「黄色い粉?なにそれ」と言うヨッコ姉ちゃん。

きな粉じゃないですか。

あと、神隠しなんてそんなこと考えられないわと言うチョコ姉ちゃんですが、とてもこの世界の住人のセリフとは思えません。

職員が収容されている病院の本郷猛。とっても臭そうな表情がナイスです。

すると、関口さんと言う医者が、謎の粉吹き攻撃で本郷猛を襲います。関口さんを取り押さえると、医者と看護婦たちがやって来ます。看護婦さん、何気にものごっつい美人です。

叫び声を聞いて外に出る本郷猛。そして現れるゲルショッカーの戦闘員。音楽の出方がかっちょいいです。

本郷猛とイノカブトンが戦っていると、何しに来たのかおやじさんがノコノコ出て来て、イノカブトンの粉にやられます。なんと足手まといなことでしょう。

その後、本郷猛はゲルシッョカーのオートバイ部隊と遭遇。オートバイ相手に生身で立ち向かいます。それにしてもゲルショッカー、相変わらずヘルメット装備です。安全第一でしょうか。

イノカブトンも登場、本郷猛は仮面ライダーに変身しますが、イノカブトンの角えぐりで左足をやられます。若干ジャージに角が負けてる感もありますが、それは多分気のせいです。

ただイノカブトン、もう一発とどめを刺せばいいものを、今のうちの地球の景気を眺めておけとかよく分からないセリフを吐きながら、瀕死の仮面ライダーを見逃します。全くもって甘い奴です。

傷を負った本郷猛。『かえってくるライダー』のギター版インストが流れます。この曲のインストは2種類あるのですが、ブラス版は劇場版や毒トカゲ男戦などの“戦闘用”、ギター版はこのシーンや一文字登場シーン、それにゴキブリ男編ラストなどの“情景描写用”と使い分けられていたようです。

病院の本郷猛。「こんなときに滝さんがいれば」とユリ姉ちゃん。

まったくもって肝心な時に役に立たないFBIです。

ちなみに、滝和也完全欠席はドクガンダー幼虫編に続いて登場以来3回目です(ヤモゲラスの時にも全く出ていないので)。

イノカブトンが遊園地で暴れていると聞いて、起き上がる本郷猛。しかし医者は、今のキミは血が不足しているから戦ったら死ぬとか、医者として許さんとか言ってます。まあ改造人間なんで、あなたの手に負える患者じゃないんですけどね。

結局飛び出していく本郷猛。遊園地はさながら天然仮面ライダーショーと化しています。今でもそんなことがあるのか分かりませんが、よくショーの序盤で戦闘員が前の列の子供を舞台にさらっていったりしますが、テレビでそれをやっている感じです。

裏番組の『突撃!!ヒューマン』に対抗したのでしょうか。

あと、追いかけられている子供たち、かなりの割合で笑ってます。

本郷猛、さっき中のシャツはビリビリ破っていたと思いますが、同じものがもう一着あったのでしょうか。

本郷猛は仮面ライダーに変身、イノカブトンと対決しますが、まだ左足が言うことを聞きません。そんななか、またノコノコ現れたおやじさんが仮面ライダーを襲います。しかし、剣を持ったおやじさんは、イノカブトンの角をザックリと切り落とします。

イノカブトン、角もろ過ぎ。

イノカブトンは、奥の手のイノカブトン棘車で仮面ライダーに突進。仮面ライダーはサイクロンアタックでこれを退けました。

まあ、ぶっちゃけ轢き殺してるんですけどね。

次回予告、石ノ森章太郎大先生が撮影風景の映像で登場!むしろこれを撮影して予告編で流そうと考えた人がすごいです。

ブラック将軍「ちと癪(しゃく)だが、面白いぞ」と言ってます。

あと、「スピーディーな展開とカッコいい強ーい仮面ライダー」と言ってますが、実際にはどっちかと言うと「マッタリした展開とあんまり強くない仮面ライダー」のようにも思えます。まあ予告なのでいいですが。

(Visited 472 times, 1 visits today)