仮面ライダー 第45話 怪人ナメクジラのガス爆発作戦


【できればラーメンの器はさっさと片づけていただきたい】

矢島博士が開発した人工頭脳を埋め込まれたウサギ。なんと人の言葉を完全に理解するそうです。そうなると、次々に失礼な発言をする記者たちに、今頃ちょっとキレているはずです。

記者からさんざんバカにされたウサギは脅威の5メートルジャンプを見せます。きっと今頃「フッ、見たか愚かな人間ども」と思っているに違いありません。

泥棒二人組、泥棒のくせに新聞を取ってます。まあ情報収集は重要でしょうけど。

矢島博士の家にあっさり侵入する泥棒。人工頭脳自体には赤外線センサーがついているらしいですが、まずは外から守りを固めるべきだと思います。

人工頭脳にはすでに先客がいました。怪人ナメクジラです。「こら、邪魔するな」とナメクジラですが、非常ベルにビビってないで、さっさとブツを持っていったらどうですか。ショッカーの怪人なのに。

翌日、誰も入った形跡は無いんですがと矢島博士。いやいや、ナメクジラはともかく、思いっきり泥棒に入られてますよ。

また矢島博士の家に侵入する泥棒。相変わらず外はザルです。泥棒は人工頭脳を持っていきます。

逃げる泥棒の前に現れるナメクジラ、馬場チョップしながらご挨拶です。人に会ったら挨拶をするのは人間社会の基本ですが、ショッカー怪人なのに感心なヤツです。

ナメクジラ、口から白い溶解液を吐きます。何だかアレですが、ここではこれ以上書けません。

オレは女の子を大事にする方だぜと五郎。女の子からはあまり大事にされてませんけどね。

矢島博士の娘さんに催眠術をかける死神博士。先週はローソクを使いましたが、今日は何やら機械を使っています。催眠術にも色々バリエーションがあるようです。さすがは死神博士。

ショッカーは娘さんを使って、一文字隼人と滝和也に睡眠薬を飲ませようとしますが、気づかれます。飲んだ瞬間に分かったようです。微妙に味とかしたのでしょうか。

滝和也は、FBI特製の解毒剤を取り出します。もうなんでもかんでもFBIです。

寝たフリをして娘さんの行動を探る一文字隼人と滝和也。しかしFBIの若造、リアルで寝てやがります。

解毒剤の意味ないじゃん。

人工頭脳をナメクジラに埋め込もうとするショッカー。どうせならアリガバリとかエイキングとか、もうちょっと強そうな怪人に埋め込みませんか。よりによってナメクジとは。

神経回路の接続がうまくいかないとショッカー科学陣。ショッカー首領なら「弱音を吐くな!ショッカーの科学陣に不可能などない!!」と精神論で片づけられかねませんが、死神博士は、ならば矢島博士を連れてくればいいと作戦を切り換えます。さすがです。

ショッカーに呼び出された矢島博士の車のトランクに潜む滝和也。「おや、トランクが開いてるぞ」とか気づかれて締められなくて良かったです。もし締められたら滝和也一巻の終わりです。

ガスタンクを爆破すると言う死神博士に、そんなことのために人工頭脳を使おうというのかと驚く矢島博士。こんなナメクジ野郎に人工頭脳を埋め込ませる時点で悪の企みに気がついてほしいものです。

人工頭脳を埋め込まれたナメクジラ。白いアレが火炎放射になりました。エラい変わりようです。

現れる滝和也。もう少し早く出てきませんか。

ガスタンクを爆破しようとするナメクジラと、それを阻止しようという仮面ライダー。手すりがついているとはいえ、ナメクジラの衣装でガスタンクの通路を行き来するのはけっこう恐いと思います。中の人おつかれさまです。

クラブの皆さん、今回は出番がないなと思ったら、最後に単なる野次馬として登場しました。

ナメクジラ、ライダーキックとライダー二段返しのコンビネーションで敗北です。せっかく人工頭脳が入ったのに。やはり埋め込む怪人を選ぶべきでした。

ただ、ガスタンクからもう少し離れたところで爆発させないと危険な気が。

勝利に浸る仮面ライダー。「フッ、またつまらぬ怪人を倒してしまった」とでも言いたげな表情です。

(Visited 347 times, 1 visits today)