仮面ライダーアマゾン 第12話 見た!ゲドンの獣人改造室!!


[トゲアリ獣人登場]

アマゾンがジャングラーで荒野を疾走します。それを見ておやじさんいたく感心しています。まだグラプリレーサーを育てる夢は捨ててないようです。今度はアマゾンで目指しますか。

でもマサヒコは、アマゾンはゲドンを倒したらアマゾンに帰るんじゃないかなと言います。

子供のくせにおっさんの夢を壊さないでください。

ところでこの曲、本編で何回か流れましたが元々は何の曲なのでしょう。私は分からないので誰か知ってる方いたら情報ください。

アマゾンが戻って来ます。おやじさんが「素晴しいぞ」と言いますが、アマゾンは「スバラ…シイ?」と意味が分かりません。もう結構日本語覚えたはずですが。でもマサヒコの「アマゾンうまい!」は通じます。ただ単におやじさんの言い方が悪かっただけなのでしょうか。

すると、なにやら銃声と叫び声が聞こえます。凶悪犯が晴れ着の女の子を人質に取って逃げています。まったく正月早々迷惑な凶悪犯です。まあ迷惑じゃない凶悪犯なんていませんが。

アマゾンはジャングラーで男の立てこもり現場につきます。ところでその改造車、警察に見つかるとマズいと思いますが、今日はみんな立てこもり事件の方に目がいっているので大丈夫です。

アマゾンは救出に向かいます。どうでもいいですがこの男、やたら発砲してるようですが残りの弾がどれくらいあるか把握してるのでしょうか。

立てこもり男に飛びかかるアマゾンは、男のピストルを弾き飛ばします。こうなるとアマゾン対ただのおっさんです。男は獣人も恐れるアマゾンの噛みつき攻撃にダウンです。ところでなにかくいちぎる音がしましたが無事ですか。

アマゾンの活躍で男はあっさりお縄となり、女の子も無事救出されました。

おやじさんはアマゾンのことを回りの人に自慢しようとしますが、マサヒコにアマゾンのことは秘密だと言われます。

第5話でアマゾンの新聞記事を見て大はしゃぎしてたのはどこのどいつですか。

一仕事終えたアマゾン。するとジューシャの姿が見えます。本当にどこにでも現れる人です。それはいいのですが、いちいち動く度に「ヒァーッ」とか「キェーッ」とか言ってるのですぐに見つかってしまいます。

男を乗せた警察の車の前に、ゲドンのオートバイ部隊が先回りします。オートバイから眠りガスのようなものが噴射され、警察の人間は次々と倒れます。前かがみになっているジューシャがなんだかキュートですが、ガスマスクも無しにそんな格好でしのげるのでしょうか。

そのスキに男は逃げようとしますが、やっぱりガスで倒れます。当たり前です。ゲドンは男をオートバイで強引に運びます。どうせそれが狙いだったんなら始めから車くらい用意してください。

そこへアマゾンがやって来ます。するとジューシャがひとり現れます。格闘の末アマゾンはジューシャを捕えます。

男はゲドンのアジトに連れてこられ、トゲアリ獣人に改造されます。以前十面鬼の泡から獣人が生まれたりしていましたが、色んなタイプがいるようです。

男は変な儀式で蒸されたりしています。ゲドンのアジトにはジューシャ以外にも男の科学者がいました。こいつらヒマな時はジューシャたちとあんなことやこんなことをしてるのでしょうか。

一方、アマゾンは捕えたジューシャを木に縛りつけています。そこへモグラがやって来ます。ジューシャを見て驚くモグラ。

「ははー、焼いて食うつもりか

そう思うのはアンタだけです。「オレも薪拾いを手伝って、ごちそうに預かるかな」やっぱり食うつもりです。私ならそんなもったいないことはしませんけどね。ここはやはり(略)。

薪を拾いながらモグラは「だいたいジューシャってのは前から気に入らねえんだ。いつも俺たち獣人を見張って、すぐに十面鬼に告げ口だ」と愚痴を言いますが、多分他の獣人たちもそう思っていたと思います。

アマゾンは、ジューシャをわざと逃がして後を追い、ゲドンのアジトに乗り込む計画です。

「世界の平和のためか!…いやしかしねぇ…十面鬼は恐ろしいぜ」

やはり槐さんは上手いです。

ゲドンのアジトではトゲアリ獣人が誕生していました。声はとっても良くなりましたが、凶悪犯を改造した割には随分かわいい顔です。あと、腰の辺りでプラプラしている節足は一体何の役に立つのでしょうか。

マサヒコとリツ子がモグラのところやって来ます。モグラは、アマゾンがどこへ行ったか知らないと言います。するとリツ子さんがジューシャに気づきますが気づくの遅過ぎです。どう考えても視界に入っていたはずですが。しかも「どうしたのこの人」って。リツ子さんってジューシャ見たことありませんでしたっけ。

あと、あのアルマジロはバッグで確定です。

モグラは二人にジューシャの番を押しつけてさっさと去ってしまいます。仕方がないので二人で見張ることにしました。リツ子さんのにらんだ顔がとっても素敵です。私にもこんな顔で怒ってほしいです。

目を覚ましたジューシャは水が欲しいと言うのでリツ子さんが汲みに行きました。ジューシャはマサヒコにロープを緩めさせて脱出します。その後を、かくれていたアマゾンが追います。

逃げたジューシャはトゲアリ獣人とはち合わせです。名前を知ってましたが同じタイプの獣人が前にもいたのでしょうか。トゲアリ獣人は後を追って来たアマゾンに気づきます。

アマゾンはとってもわざとらしいやられっぷりでトゲアリ獣人に負け、アジトに連れて行かれます。

ところでこのアジト、ゴッドのアポロン宮殿の跡地でしょうか。

アジトのアマゾン。十面鬼、まんまとアマゾンに懐へと入られました。十面鬼はアジトを放棄して上空へと逃げます。

アポロン宮殿跡地では、アマゾンライダー対トゲアリ獣人の戦いです。トゲアリ獣人、なんだか脇の下が破れてますけど大丈夫ですか。

トゲアリ獣人は、アマゾンの大切断で頭がポロっと落ちて一巻の終わりです。プラプラの節足は結局最後まで何の役にも立ちませんでした。

あと頭が落ちる時、人の手のようなものが映ったように見えますが、どう考えても気のせいです。

トゲアリ獣人を倒したアマゾンに十面鬼が空からご挨拶です。「ゲドンの獣人はまだまだおるわ」とか「アジトはまだまだあるのだ」とか言ってますが、そういう発言が出る時点で、もうゲドンに後がないことが分かります。

新年(1975年)です。しかし新年おめでとうと言われてもアマゾンにはさっぱり意味が分かりません。マサヒコはなぜか持っていた教科書?で日本語の講習を始めます。

そこへおあつらえ向きにモグラが現れます。マサヒコはモグラ新年のあいさつをしようと言います。そこでアマゾンが言ったこと。

「モグラ、オメデタイ」

この一言がモグラの逆鱗に触れました。「ヘッ、どーせオレはおめでたいよ!!勝手にチユチュゥ〜〜」と帰ってしまいました。意外にナイーブなヤツです。

クロージングナレーションで『アマゾンの心は、十面鬼に対する激しい闘志に燃えていた!!』とありますが、私は、反則的に素敵な和服姿のリツ子さんにはげしく萌えながらこの回は終わりです。

仮面ライダーアマゾン Vol.1

(Visited 465 times, 1 visits today)