特捜最前線 第336話 緑色の爪の娘たち!


【脚本 佐藤五月 監督 宮越 澄】

前情報を全く入れずに見たのだが、妙に説明的なセリフや、強引な話の持っていき方や、不自然な小道具の使い方などからして、十中八九、宮下隼一脚本だろうと思ったが…佐藤五月だったのか。

今までの佐藤脚本と比べれば、かなり異質な感じ。こういうのも書けるよ、ということを示したかったのかどうかは分からないが、がんばりすぎて空回りした感がなくはない。まあ、真犯人は意外ではあったが。

またもやレギュラー刑事の身内・橘の息子が登場して、事件とテーマ性を関連づけようとしたようたが、ハッキリ言ってとってつけたような感じ。

とりあえず、全く救いのない話。まあ結局、本当の虫ケラはのうのうと生きているんですよ、この世の中は。そういう意味では真に迫っているわけだが。

刑事部長に会いに行くという課長が出て行く時、珍しく気を利かせてドアを開ける桜井。

何か悪いもんでも食ったのか桜井。

城南大学に貼ってあったポスター。

フランス中世史研究会コンパ”とある。

それはちょっと興味あるな。

(Visited 88 times, 2 visits today)