特捜最前線 第328話 カラスと呼ばれた女!


【脚本 竹山 洋 監督 辻 理】

タイトルは「カラスと呼ばれた女!」だが、正確に言うと「自分をカラスと呼んでる女!」の方が正しいような。

で、その肝心なカラスと呼ばれた女だが、最初チョロッと出てきたっきり、中盤めっきり出て来なくなったので、終盤になるまで正直存在を全く忘れていた。

ていうか、最初の方を見た時に、「ああ、この女が娘というわけか」と思ったが、娘は別にいた。

作り手としてはひねったつもりだろう。まあ、カラスと呼ばれた女が娘というのはベタな展開ではあるが、それでも良かったのではないかと思ったりもして。

まあそうなると娘が親父を殺したことになるのだが、カラスと呼ばれた女が娘なら、多分違う話になるだろうし。

それにしても、あの宝石店、よく全部100円玉で代金支払う客を相手にしてくれたなあ。100円玉だったからか?だとしたら、『1円玉の詩』が、ますます切ない話に感じてくるなあ。

(Visited 112 times, 1 visits today)