特捜最前線 第291話 わらの女 哀愁の能登半島!


【脚本 阿井文瓶 監督 天野利彦】

北陸ロケの前後編。ゲスト主役・美奈子役は、シャムスンと呼ばれた風吹ジュン。

天野監督が、ホンが気に入らないので、脚本家をロケ地に呼んで、徹夜で直してもらったというが、どのへんが気に入らなかったのだろうか。

背景が全く描かれず、たたみかけるように話が展開する前編を書く長坂脚本とは違い、第4パートに急展開するとはいえ、かなりまったまりと話は進んで行く。

とりあえず、見せ場は泳ぐ紅林。

他の地方ロケ編に違わず、今回もタイアップのオンパレード。

今回、紅林と吉野の乗った飛行機が映るが、セットではなく、本当に飛んでいる機内を撮影しているようだ。

まるで水曜どうでしょうだな。

水曜どうでしょうと言えば、最近地元サンテレビで放送していた「試験に出るどうでしょう・北陸編」に出てきた、“車の走れる砂浜道路”が画面に登場。バスがしっかりと走っていた。

あと紅林と吉野、東京から金沢まで行くというのに、

なんで手ブラやねん。

(Visited 97 times, 1 visits today)