特捜最前線 第282話 ラッシュアワーの女!


【脚本 竹山 洋 監督 野田幸男】

まあ、たいしたことなかったね。

とにかく、ホンの仕込みが甘すぎる。

・銀行強盗に水川涼子がの人質にとられたのが芝居だった件(つまり4人がグルであること)

・ジャズ喫茶のボーイが犯人である件

・リクエストカードが殺しのメッセージである件

これらが、すべて映像で出てきた時点で読めた。しかもこれが話の肝であるので、ここまで読めてしまったら、その後の展開に興味なし。

いくらなんでも、いち視聴者にここまで読まれたらアカンやろ。ボーイと涼子のつながりも、ありがちでつまらないし。

まあ、涼子が強盗の完全な主謀者とまでは思わなかったが、この期に及んで明かされても、大した驚きではなかったなぁ。

ただ、それ以外の、どうでもいいところは面白かったので列記。

涼子の乗る電車を選んで乗っていたという紅林。

定のいいストーカーです。

涼子に喫茶店で「おいくつですか?」と聞かれ、「32です」と答える紅林。

砂糖だよ。

彼女が殺しと関係ないとこを主張しようと、彼女からネクタイをもらったことをおやじさんに話すと、「君ー、鏡よく見てご覧よ、自分の顔を、そんなに二枚目だと思ってないだろ?」と、至極まっとうなことをおやじさんに言われる紅林。

課長、ビミョーに爆笑。

実は内心、水川涼子のことを仲間に言いふらしたかったという紅林。

中学生かお前は。

とまあ、こんなところで。

(Visited 116 times, 1 visits today)