特捜最前線 第241話 歳末パトロールで逢った女!


【脚本 佐藤五月 監督 藤井邦夫】

ストーカー刑事紅林編。
倒置で始まる今回、犯人を聞き出すために非情さを見せるが、最後でその優しさが表現される回。課長の温情も炸裂(いつぞやほどではないが)。

というわけで、今回の主眼は紅林とゲスト主役の睦美にあったのだが、謎解きの話としては正直30分番組レベルなのが残念。睦美がかばっていたのが、紅林が目をつけていた男ではなく、全く違う男だったら、話としてもっと面白くなっていたのではないだろうが。

しかしながら、このまま終わるのかなーと思っていたら、意外なところに大どんでん返しが。あれは予想できなかった。

キャプテンウルトラ兼ゼロ大帝兼メイスンの中田博久氏が出演。今回は何をやらかしてくれるのかな…と思っていたらただの警察の人だった。残念。彼が出ているだけで大暴れを期待してしまうのだが。

睦美ちゃんかわいいなーと思っていたら、『仮面ライダーBLACK』大神官ビシュムの好井ひとみ様ではないですか!!
ひとりで寂しいんだったら是非オレと(略)。

ところで歳末に所轄の応援に行くほど特命課ってヒマか?

(Visited 169 times, 1 visits today)