特捜最前線第181話 ダイナマイトパニックⅡ・望郷群島!


【脚本 長坂秀佳 監督 天野利彦】

後編では、前回まったく登場しなかった鳥居恵子さんが登場。ヘッセの詩集や写真に秘められた謎、そして写真の3人に巻き起こった出来事やそれと木佐崎との因果、さらには意外な事件の目撃者や氷川最後の復讐、桜井泳ぐ!!(爆)が展開される。

写真の謎にはかなりヤラレタ!という感じ。確かに前回誕生日は出てきているのだが、そうかそういえば…。ちなみに1980年10月8日とは、この回の放送日。リアルタイムでこの作品を見たとしても、この謎には気づかなかったかもしれない。後編にもアッと言わせる仕掛けをちゃんと残しているところはさすがである。

それにしても、ナガサカさんのバクダンものはどれも秀逸である。いっそのこと、『バクダンのナガサカシリーズ』とでも銘打って、『特捜』のDVDを出してほしいものである。もちろんネガテレシネかニュープリント版で。売れると思うんですけど。どうですか東○さん?!

(Visited 219 times, 1 visits today)