特捜最前線 第150話 拳銃泥棒・雪国から来た二人!


【脚本 茶田 才(池田雄一) 監督 田中秀夫】

序盤はいい展開で行ってたのだが(半ば話が読めた、としても)、後半なんかスローダウン。というか、第4パートでの海岸水かけは、正直無駄。どのみち同じ展開(江藤が死ぬ)になるのであれば、もっと緊迫感のある描き方ができたのではないかと思うが。

この話、タイトルにある「雪国から来た二人」よりも、吉野と橘・神代との絆の方に見所がある。

どうでもいいが、ディスコを表現するシーンで流れた音楽で(曲名不明だが)、かの傑作「新宿ナイト・イン・フィーバー!」を思い出してしまった。

(Visited 289 times, 1 visits today)