特捜最前線 第91話 交番ジャック・4人だけの忘年会!

【脚本 大野武雄 監督 村山三男】

今回の青年に起こった出来事、実は、明日はわが身…の可能性大の、ありそうで怖い話である。

要領の悪い二人の警官と、意味不明な署長のために、何もしていない若者が、ほんとうに罪を犯して逮捕されるという、なんともなりきれない話(ラストシーンの吉野の手がそれを物語っている)。しかし、もともとこの事件とは関係のない特命課が、警察の非を認め、謝っているというのに、前述した3人の人間はどうだ。ぜひともこのものたちには 猛省を促したい。謝ることは大事です。

ラスト、延々と泳ぐ若者達を描写していた。異論はあると思うが、ワタクシはよかったと思う。特捜全体の中では、決して傑作の部類には入らないかもしれないが、個人的には好きな回である。

この回は『ジャッカー電撃隊』のクローバーキング登場!思いっきり不運な青年を演じています。

【この回はDVDに収録されています】

特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.5 (初回生産限定)

(Visited 263 times, 1 visits today)