特捜最前線第106話 完全犯罪・ナイフの少女!


【脚本 長坂秀佳 監督 天野利彦】

オープニングの映像はこの回に繋がっていたのか!

船村主役エピソードの王道のひとつ、信じた人間をなにがあろうともひたすら信じ続けるストーリーである。

有森麗が殺しをしてないことを証明しようとしたことが、裏目に出て奥さんのセーターを切り裂かれてしまう、その光景を見る切ない船村。「何で余計なことしてくれたんだ!!」特命課の刑事に対して力の限り気持ちををぶちまける船村。そして、彼女を会社に行かせるため、やったこともない(であろう)バスケットボールで勝負を挑む船村…。まさに人間・船村一平の魅力の詰まった1本である。

ラストシーン、有森はわざとシュートを外していただろう。卑劣な犯人にも、そして彼女にも、船村は勝っていたのだ。

(Visited 278 times, 1 visits today)