特捜最前線 第90話 ジングルベルと銃声の街!


【脚本 長坂秀佳 監督 佐藤 肇】

強引である。かなり強引な話である。しかし、それを力で押しきってしまうところに、逆にすがすがしさを覚える。

しかし、それでもなお、ストーリーが破綻していないのは、主要人物をちゃんと序盤で登場させ、その人物で話が展開していることと、浅野のアリバイを証言することが、同時に自分達のアリバイをも証明するという部分で、なるほど、と思えるようになっているからであろう。

そういえば、ラストで津上がドラムを演奏する姿、後の『津上殉職編』を思い出した方もいるのではないだろうか…。

それにしても、課長、最後においしいところもってくよなあ。

(Visited 165 times, 2 visits today)