特捜最前線 第88話 私だけの三億円犯人!


【脚本 塙 五郎 監督 天野利彦】

実際に起き、なおかつ未だに謎とされている三億円事件。

この事件をモチーフに、どのようなドラマになるのかと興味を持っていたが、肝心のところは結局謎にしつつも、フィクションでありながら、そんなこともあるかもしれない、と思わせる、面白い作品になっていた。

”犯人は時効までの間、実は刑務所にいる”というのは今まで考えられなかった、新しい発想ではなかったか。

また、「船村の心臓」のことがはじめて描かれたのは、この回だったかもしれない。もっとも、それが原因で退職するのは、えらい先の話なのだが。

バトルフランス三たび登場!橘に「しっかりしろよ青年!ボヤボヤしてると、俺がとっちまうぞ!」とか言われとります。

(Visited 229 times, 1 visits today)