特捜最前線 第81話 女逃亡犯25時!


【脚本 本田英郎 監督 天野利彦】

ふと思ったら、最後は肉弾戦(?)でカタをつける、特捜ではあまり見なかったパターン。

妻を利用し殺人を犯し、その罪をなすりつけ、また違う女性を騙し、あまつさえ妻と娘をも殺そうとした栗山保、許さん!!(これではズバットだ…)とばかりに、「地獄に行けよ、この野郎…」と橘刑事の鉄拳が炸裂する!!!。

この回、最初見たときは船村が主役かと思ったけど、橘さんが主役だったのね。

で、権藤刑事、話の後半になると、前半ほどの存在感がなくなり、話の要素になってしまったような気がする。せっかくあの地獄大使兼雷忍キャプター1の潮建志さんが演じてただけに、ちょっと残念な気がする。
残念といえば、やっぱりこの時期、桜井がいなかったことかなあ。

(Visited 156 times, 1 visits today)