特捜最前線 第70話 スパイ衛星が消えた海!


タイトルはかなり大げさですが(シナリオタイトルは『死神が降った日』だそうです)、話自体は地味。とはいえ、話で登場する二人の女が死ぬのが何か意味分からなくて、結局一度しか見ませんでした。長坂脚本ですが、この話はうーん…。長坂氏自身は「ある怒りをこめて書いた」ということですが、作品からはあまりそれは感じられず、話の不条理だけが印象に残った感じでした。

最後は課長がオイシイところを持っていきましたが。この頃の課長は色んな特技を披露してますね。ダイビングやスキーや、日本語より流暢な英語など。あと、津上が「ブラックサタン」と言うシーンがあります。ストロンガーの時に戦ったもんなあ。

(Visited 132 times, 1 visits today)