特捜最前線 第13話 愛・弾丸・哀


【脚本 舘野 彰(塙 五郎) 佐藤 肇 監督 佐藤 肇】

津上の甘チャンぶりが遺憾なく発揮された回。

冒頭、どしゃ降りの中、銀行強盗後たてこもっていた犯人逮捕のため刑事が突入、テンポが高めの音楽3曲数珠つなぎという、かなりのハイテンションで始まる。

突入の際、犯人を撃てなかった津上。桜井や課長に不信感を募らせる津上。そこへふってわいた妹誘拐事件。そしてその誘拐と逮捕した犯人とのつながり、と話は進んでいく。

個性派集団の中にあって、ややキャラが薄いようにも見える津上が、時に見せる若さと暴走ぐあいが描かれている。

前半、津上にさんざん非難されながらも、妹救出に協力する桜井がいい。小銭を落とした津上に「落ちましたよ」と拾う桜井の登場は、なかなかいい演出。

また、津上が特命課で電話をとった時にいた高杉が、その後、金を渡す際に駅員に化けたりと、いい働きを見せる。まあ途中で撃たれて動きが止まるのだが。

そしてなんといっても凶悪なおやじさん。「津上くん、壊れ物片づけようか」とか「こちとら伊達や酔狂で頭禿げくらかしてるるわけじゃねえんだ」と三谷昇を脅しまくる。いいキャラだなあ、どっちも。

この回もまた、長坂氏が嫌う、“犯人が撃つと言ってるのにずんずん近づいていく”の図が見られる。実際今回は、犯人が津上の妹を撃とうとしたが、寸でのところで津上が犯人を撃つというところで終わっている。長坂氏はほとほとこのシチュエーションに嫌気がさしたのか、ついに後の『神代夏子』編を書くことになるのである。

また誘拐犯の要求に反し、一度は金の代わりに偽金を犯人に渡した神代。しかし後の『誘拐』編では、犯人との約束を破ったため子供が殺され、続けて誘拐された子供を救うために、本物の金を用意するために必死に上層部を説得する神代が描かれている。

長坂氏が『誘拐』編を書いた経緯を見聞して判断する限りでは、特にこの回に対するアンチテーゼというものは無かったようだが、その回を知ってから第13話を見ると、偽金を用意するという行動に出た神代が不可解にも見え、また若干話が安っぽくも見える。まあこれも、タイムスリップ状態だから言えることなのだが。

つまり、この時点での『特捜』は、まだ“ありがちな刑事ドラマ”の域を出ていなかったということだろうか。

ちなみに、後の『哀・弾丸・愛』はこの回のリメイクと言われているが、脚本では冒頭がどしゃぶりであったことからもそれがうかがえる(実際には晴れで撮影されている)。

ついでに、津上の妹さん役は、この回と『殉職』の時では役者さんが違うのだが、私は初代津上トモ子のほうが好みです(誰もそんなこと聞いてない)。ラストカットの、あの胸を押さえた仕草の愛おしさは一体なんでしょう。

特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.1

(Visited 344 times, 1 visits today)